セふれ募集する場合は

セふれ 募集サイトは、必ずしも真面目な出会いを求めて利用している人ばかりではありません。なかにはエッチをする相手を探す為だけに利用する人もいます。どちらの目的であれ、セふれ 募集サイトを利用するためには必ずプロフィールを書く必要があります。

 プロフィールには、主にニックネーム・年齢・現住所・学歴・職業(年収)・血液型・自己PRの欄が用意されています。この中で最も頭を抱えるのが、職業や学歴、年齢の欄だといえるでしょう。セふれを探す場合でも、あまりに嘘を書きすぎると相手に嫌われてしまうので慎重になってくださいね。

 ここでは、セフレを探す場合のプロフィールの書き方を紹介したいと思います。出会った女性と確実にエッチしたい!という人はぜひ参考にしてみて下さい。

【学歴の書き方】
 真面目なお付き合いではなくエッチが目的なので、特にきちんと書く必要はありません。

嘘を書いてもバレる可能性はそれほど高くないでしょう。もしバレたとしても元々セフレ目的で会っているのですから、「実は~」と後で本当のことを話しても特に問題はないと思います。もし正直に話したことで、相手との関係が終わってしまっても、“所詮セフレ”ですからまた次を探せばいいことです。

 ただ中卒とは書かないほうが良いかもしれませんね。本当は中卒だったとしても、せめて高校卒業までは書いておきましょう。

【職業の書き方】
 学歴同様、セふれ 募集をしている人は特にこだわる必要はありません。バレやすい嘘はやめたほうが良いですが、フリーターと書いていても特に問題はないと思います。

それでも気になる人は、フリーターとは書かず「飲食業」「接客業」「販売業」など職種を書くと良いでしょう。

 学生の場合は「○○系の専門学生」など、細かく書いておくと好感を持たれますよ。

 基本的にセふれ 募集の場合はエッチさえできれば良いので、学歴も職業もさほど気にする必要はありません。

その後交際に発展した場合は本当のことを明かしたほうが良いと思いますが、プロフィールの時点ですべてを正直に書く必要はないでしょう。

ただ容姿(身長や体重)を詐称しすぎると、エッチもできなくなるかもしれないので注意して下さいね。